IT

ワークフローをクラウドにする利点|ビジネスを活かす

会計の電子処理を

表

会計ソフトを利用する際の注意点としては入力すべき欄にとりあえず数字が入力されるため手計算などに比べてよりミスを防ぐための方策が必要です。現在会計ソフトはインスト−ルタイプの商品とクラウドタイプの商品の大きく分けて2つに分けることができます。

More...

企業組織の改革のために

男女

企業組織内の意識のズレやモチベーションの差を、客観的な立場から専門の手法で分析するのが組織診断です。第三者の目線から組織内の様々な要素を分析し、組織運用の弱点や改善点を浮き彫りにすることが期待されます。

More...

社外で使用することも想定

ネットワーク

決済スピードの高速化

ワークフローシステムをクラウド化する利点としては外出先でも決済や稟議などを承認することができるようになることです。ワークフローシステムは社内のシステムの状況を一元管理できるメリットの他、稟議や決済のビジネススピードを速めることが目的となります。そのため、社内のみならず社外でも利用できるようにならないと意味がないのです。そのため、ワークフローシステムはクラウド化になっている事が最も望ましい形態になります。クラウドの場合での注意点は、セキュリティ面です。サーバーを強固にすることやIDやPWなどの管理を徹底する他ありませんが、セキュリティ面に気を付けて利用すれば、便利に活用できるのです。多くの会社ではクラウド化を進めています。

セキュリティ面を考慮

ワークフローシステムは決済状況を一元管理するメリットがあります。承認依頼や、承認せずに放置されている案件や期限が迫っているものなどアラートを活用することで承認漏れや承認忘れを防止することができます。会社によって決済ルールなどが異なりますのでワークフローシステムを構築する際には、一から作ることが一般的です。しかしパッケージ版の改良を使用することで安いコストで作ることも可能です。しかしその場合、同じサーバーを利用している可能性もありますので、やはりセキュリティ面をどのように対策するのかが最も重要なポイントになります。ワークフローは承認者が良く変更になります。そのため編集作業が簡単にできるものであることを基準に選ぶことが大事です。

導入で注意すべきこと

IT

ERPシステムなどの大規模な全社的なシステムを導入する時は、そのテクノロジーに理解のある人材が必要です。また、システムを導入の際は、専門知識がある担当者の指示に従い手順に沿って作業を進めてゆきましょう。

More...