導入で注意すべきこと|ワークフローをクラウドにする利点|ビジネスを活かす
男女

ワークフローをクラウドにする利点|ビジネスを活かす

導入で注意すべきこと

IT

システムに理解のある人材

ERPなどに代表される社内の専用システムを新しいものに入れ替える場合、準備やそのための予備知識が必要になります。システム導入にあたっては、例えば、ERPシステムなどはかなり専門的であるのでテクノロジーに詳しい担当者を用意するべきです。担当になることが多いのは、情報システム部などの人材です。一方、実際に使用する側の担当者も必要です。ユーザー側の担当者は、ERPシステムが導入された後、使用感を確かめたり初期に起こりがちな不具合を報告することになります。ERPなどの業務パッケージ導入は、多くの場合に全社的なシステム入れ替えになります。一部の業務システムのみを更改するだけ場合もありますが、多くの社内システムを新しくするケースが多いでしょう。そこで問題になるのが、一度にスムーズに導入ができるのかどうかです。

一度に導入できるのか

システム導入が短期間に一気にできるかどうかは、現在の社内のシステムの状況によります。なぜなら、各部署で現行のシステムが稼働していることが多いためです。このような多くの人が使っているシステムを、導入のために一度に止めてしまうことは難しいことです。今あるシステムを突然ストップさせて新しいシステムを投入したら、その現場では業務がうまくできないなどの混乱が起こってしまうでしょう。そのため、ERPを導入する際は、現在の稼働システムをしばらく平行に稼働させながら、徐々に導入することになります。ERPでは各部署の業務に対応するモジュールが用意されており、その中味はとても専門的です。システム導入の時には、パッケージについて詳しい担当者の指示に従って、手際よく進めて行きましょう。