会計の電子処理を|ワークフローをクラウドにする利点|ビジネスを活かす
男女

ワークフローをクラウドにする利点|ビジネスを活かす

会計の電子処理を

表

従来であれば伝票を作成しその伝票から帳簿を作成している企業がほとんどでしたが最近は会計ソフトが安価になってきたことからいわゆる零細企業といった企業でも会計ソフトを利用して会計処理をすることが多くなりました。ただ会計ソフトを使って決算書などを処理する際に注意が必要な点があります。それはとりあえず数字の入力をした際にはそれらしく数字が入力されてくるという点です。つまり具体的にはもし手計算であればデタラメな数字が入力されていれば決算書などと連動させる際にたいていの場合気がつきます。ただ会計ソフトを利用している場合にはそのミスに気がつかない場合が多くあります。したがってソフトを利用する際にも確認が必要な点で注意が必要です。

最近の会計ソフトは大きく分けて2つの種類のソフトが発売されていることが大きな特徴となっています。その内訳はインスト−ルタイプのソフトとクラウドタイプのソフトです。インスト−ルタイプの商品とは自らが使うパソコンにソフトをインスト−ルして使うタイプの商品です。対してクラウドタイプのソフトはインスト−ルせずクラウド上に存在しているデ−タを使って処理していく商品です。どちらのタイプの商品もそれぞれメリットがあります。インスト−ルタイプの商品はクラウドタイプに比べて入力作業をスム−ズに行うことができます。一方でクラウドタイプの商品はインタ−ネット環境が整っていれば基本的にパソコンだけでなくやスマ−トフォンなどでも利用することができます。